FC2ブログ
2019 11 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>


毎日10時間震えてます(/_;)

おびえ
朝7時頃~日が落ちるまで怯えっぱなし! そんな状態が今日で6日です

リフォーム家 リフォーム中の家
原因はこの作業の騒音ですが、数日すると騒音以外の些細な音にも怯えるようになり、5時過ぎまで震えが止まりません。

テラス下
テラスの下に入って出てこない!
困るのは発作のように急にパニックを起こすことです。出窓や棚に上ろうとしたり、狭い場所に潜り込もうとしたり…

庭の隅
家に入ろうとしない

panic6.png
壊れた蛇口みたいなヨダレ。水はがぶ飲みしますがオヤツには見向きもしない
精神的な病気ですね~


キジあてしても足が伸びずオドオドしてて…14日の英系の大会は参加賞じゃ~~

銃声、雷、花火より怖いリフォーム。一体この状態はいつまで続くんだろ。。。。。゚(・´Д`・)゚。

関連記事

犬を撮影しながら歩く場合もありますが日常的なものではありません。
08日 2019 犬(ブリタニー・スパニエル)の話
コメントはここから コメント件数 8

◆コメント欄

かわいそう >>>
かわいそうなパン粉ちゃん。
我が家も裏の学校の建て替え工事中で振動と騒音がすごかった(今は少しマシ)。
ビスクが音シャイで。
今度の英系、ビスクが初参加です。
まだ鳥も何もわからないけど、コルクよりぶっ飛ばないので(笑)
問題は電車が怖くて、鉄橋の下をくぐれるかどうか・・・。
まとにかく参加してみますので、よろしく!
2019.10.08 23:44
ビッちゃんも!? >>>
学校の建て替え(+_+) それはきついです!!
音シャイな子でなくても変になるかも…と思うんですが、コルク君は平気なんですね。
14日はついにビッちゃんデビューですね。 楽しみだ~♪♪

2019.10.09 07:29
>>>
あちゃー、雷のときのカールよりひどいようですね。
防音室でも作らないとダメかなぁ。
2019.10.09 09:21
そう思う >>>
完全防音の部屋が一部屋あれば…今は本気でそう思いますよ!
2019.10.09 09:27
可哀想に。。。涙 >>>
普段が、静かな恵まれた環境なので、逆に騒音が、怖いのですね。TVを大きめの音量で付けて、鉄腕さんがガハハハと大げさに笑ってみる(24時間は無理だけど。w)のは、どうですか?微細な振動も、感知してしまいそうですが。。。都会育ち(特に、うちは、線路と花火頻発の球場の近く。。。)は、ガサツで助かりますね。。。
2019.10.09 13:48
あり得ますね >>>
確かに雑音が多い環境で育っていたら違っていたかも。
先天的なものだとしても、ここまでひどくはならなかったでしょうね。
繰り返し聞いている音はだんだん慣れてくるんですよ。例えばフードプロがそうです。
ただし2~3年かかる(^∧^)
2019.10.09 21:16
涙 >>>
パン粉ちゃん~怖いね(涙)この状態だとお留守番も無理ですよね。。。
確かに騒音は精神的な影響が出ますからね、動物も人も。
P父さんの部屋は防音じゃなかったですか?
台風も心配だけどパン粉ちゃんが心配ですね。
なにか良い策がみつかるといいけど。
2019.10.11 11:23
パン粉は難しい性格ですよ >>>
なんと暴風雨のおドロドロしいし音には少しもビビらずリラックス(^-^;
まるで子守唄を聞くように爆睡してました。
ほんとにどう判断したらよいのか…難しい性格だと思います。
2019.10.15 17:39

コメント投稿フォーム

  • タイトル
  • メール(任意)
  • URL(任意)
  • コメント
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:https://iwananome.blog.fc2.com/tb.php/849-76053e43

管理人:鉄腕たろう(パン粉母)

鉄腕たろう

千葉県在住。ブリタニースパニエル(フランスブルトン)のパン粉(2011年7月生♀)と岩魚が大好きです♪

最新記事の全一覧

リンク

おすすめのサイト
ドッグトレーニング
「ドギーカルチャー」栗栖トレーナー
ドッグプラス
■犬種情報/ブリタニースパニエル
ブリーディングが引き起こす遺伝病
①「犬たちの悲鳴」
②「続・犬たちの悲鳴 告発から3年」
ブリタニースパニエル オフ会2013
■全国ブリタニースパニエルオフ会
「アダチセキヤ犬舎」
「ブリタニースパニエルCookie&Laimuのドタバタ」

ブログ内検索

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス